2020年秋、長年患ってきた糖尿病や、老化に伴う諸症状の改善のため糖質制限を始めました。

2024年1月 立ちくらみ        

糖質制限2024年1月 立ちくらみを起こした

2024年1月の最高体重は87.4kg、最低体重は84.9kgだった。2023年12月に続き最低体重84kg台は出たのだけれど、ちょっと気になることがある。

糖質制限を始めて十数kg減らした2年前、85kgまで落とした途端に帯状疱疹になった。もしかすると、体に必要な抵抗力がなくなっているのではないかと心配して、以来体重よりも体調維持を最優先して今日に至っている。

昨年来の体重減少は糖質制限に加えてランニングをとり入れたことによるもので、運動習慣が体に悪い訳がない。定期的にマラソン大会にも出て、タイムはともかく10kmくらいはそれほどへたばらずに走れるようになった。

ところが先日のことである。図書館で書架を見て回っていたところ、突然頭がくらくらしたのである。図書館にはところどころ椅子が置いてあるので座って事なきを得たのだけれど、立ちくらみである。

立ちくらみは、大学生の頃よくやっていた。身長176cmは当時もいまと変わらないが体重は60数kgで、昔の写真を見ると胸が薄く首が細い。特に人込みで起こすと、冷や汗ものだったことを思い出す。もう50年近く前のことである。

帰ってからWEBで高齢者の立ちくらみについて調べた。いろいろな病気が原因となるようだが、典型的な理由の一つが、老化により血圧の調整がうまくいっていないことにあるのだそうだ。

例えば急に立ち上がって歩き出したような場合、血液の多くは動き出した足腰に集中する。その結果、高い位置にある頭(脳)に回る血液が少なくなり、ふらついたりぼんやりしたりするのだそうだ。

走っている時そうならないのはなぜかというと、心拍数が増えることで血流が増えて、頭(脳)にもちゃんと血液が回るからである。本当はそうやって自然に心拍数や血圧を調整するのだが、それがうまくいっていないらしいのである。

とりあえず、ランニング前に準備運動を欠かさないのと同様、急に動き出したりしないことが大切である。もうすぐ67歳。若い時と同じようにすばやく動こうとしても、体が反応できないのである。

体重が84kg台と30年前に戻ってはいるせいか、この間立ちくらみを起こした。こんなことは数十年なかったことで、少し気がかりである。


2024年1月のアルコール摂取量は1日平均19gと引き続き20gを下回った。お正月だというのにかなり節制している。最近思うのは、アルコール摂取量が減っている要因のひとつが、新ジャンルの税率引き上げではなかろうかということである。

昨年10月に、かつて第三・第四のビールといわれていた新ジャンル(財務省用語)の税率が引き上げられた。現在は、350ml換算で、ビールは63.35円、発泡酒・新ジャンルが46.99円である。

つまり、払っている値段の半分近くが税金になる訳で、酒税全体に占める割合も、ビールとチューハイで半分以上である。節税という点では、ビール以外の清酒や蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ジンなど)を飲んだ方がいいことになる。

それはそれとして、新ジャンルの酒税引き上げ後の量販店の値付けをみると、350ml6本だと、一番搾りが1000円、金麦が800円である。以前は特売時に600円くらいだった第三・第四のビールが、軒並み800円前後に値上げされている。

ビールの税率も若干値下げ(350ml換算で7円弱)されているけれど、ビールの値段はあまり変わらない。しかし、ビールより6本セットで400円安かった金麦の値段が、200円しか変わらなくなってしまった。

一番絞りが1000円で金麦が800円なら、一番搾りを買う。金麦はビールより安くて味はビールとほとんど変わらないから飲んだけれど、値段が同じくらいならやっぱりビールがいい。

そして、酒税に関係ないノンアルコールビールの値段は、6本セットで600円なのである。ビール1000円との価格差は大きい。800円と1000円ならおいしい方を選ぶが、600円と1000円だと600円の勝ちである。

まして、ノンアルコールは健康にいい。糖質もプリン体もほとんど含まれないし、食欲が増進したり飲み始めると止まらないなんてこともない。夕食後の時間も有効に使えるし、眠れなくなることもない。

そんな訳で、酒税引き上げ以降、ますますノンアルコールビールを飲むことが多くなった。ヨーロッパでもノンアルコールの市場は急拡大しているというから、輸入品でおいしいノンアルコールが出回るのも遠くないだろう。

健康志向に加えて、お財布にもやさしいということになると、ますますノンアルコールビールの比重は高まっていくことが予想される。半世紀前には、酒とギャンブルは不況も関係ないと言われていたが、どうやらそうではないようである。

[Feb 10, 2024]

ヨーロッパでは、健康志向の高まりからノンアルコールビールの市場が急拡大している。日本でも酒税があまりにも高いことにより、ノンアルコール傾向が促進されるかもしれない。


次の記事

次の記事

ページ先頭に戻る   糖質制限2023下半期 ←   糖質制限目次