せいうち・・・セイウチ科セイウチ属の肉食獣で、北極圏に生息する。体重は成獣で500kgから1200kgに達する。最初は減量日記で始まりましたが、日々は移ろい、リタイア生活の徒然日記になりました。
アイキャッチ画像:(c)パブリックドメインQ 著作権フリー画像素材集

181 山歩き後のお風呂はたまらない   182 結婚40周年  
     

山歩き後のお風呂はたまらない ~せいうち日記181

秋から筑波山ばかり行っている。奥多摩も丹沢も秩父も熊が出るというし、房総は車が混む。県境を過ぎるとほとんど渋滞がない筑波山方面にどうしても足が向く。

奥多摩だと家を5時に出ても登山口には8時半だが、筑波山だと7時には登り始めることができる。この差は大きい。50代なら往復7時間の移動でも大丈夫だが、60代後半では無理。行くなら泊りがけになってしまう。

さらにうれしいのは、昼過ぎに下山できるから、日帰り温泉に寄って来る時間的余裕があることである。奥多摩・丹沢でもお風呂に入らないと汚れたままで嫌だが、電車時間の制約があるので、いつも温泉に寄れるとは限らない。

筑波山周辺にはいくつか日帰り入浴施設があって、下山口によって選ぶことができる。筑波山神社近くならつくば湯、つつじヶ丘からは八郷温泉ゆりの郷、加波山まで進めばあけの健康館、そして帰りがけに寄るならつくばウェルネスが便利である。

他にも、宝篋山の近くにつくば市民研修センターなどいろいろあるが、最近ごひいきなのは上にあげた4つである。いずれも浴槽や洗い場が広いし、湯上りに休憩場所もある。値段もそんなに高くない。

正確にはつくばウェルネスは清掃工場の余熱再利用施設だけれど、温泉とはいっても単純泉だからたいして変わらない。山歩きした後に体を流して湯舟に浸かると、まさに極楽である。

若い頃ゴルフをした後もクラブハウスのお風呂に入ったけれど、このようにリラックスすることはできなかった。入浴後に打ち上げがあるし、帰りも遠い。スポーツジムの後もお風呂に入るけれど、家に近すぎるので他の用事が気になる。

筑波山くらいの距離だと、近すぎず遠すぎず、また渋滞も心配しなくて済むので、ほどよくリラックスできる。その日の山歩きを反省したり、次どこに行こうか考えたりするのは楽しい。もっとも、考えようとしても気持ちよすぎてできないのだが。

ホームページにも全国各地の温泉記事を載せているように昔から温泉は好きだが、どちらかというと硫黄泉とか鉄泉とか変わったお風呂に興味があった。お湯に浸かること自体を楽しく思うようになったのは、最近である。

あとどのくらい足腰が動くのか分からないけれど、できればもうしばらくの間は山歩きしたり温泉に入ったりしたいものである。

[Jan 17, 2024]

山歩き後のお風呂はたまらない。夏に汗を流してさっぱりするのもいいし、冬に冷えた体を温めるのもまたたまらない。若い頃はあまり感じなかったが、歳をとるごとに体が求めるのが分かるようになった。


結婚40周年 ~せいうち日記182

建国記念日は私の子供の頃にはなかった。だから学校も休みでなかった。

復活したのは1966年、東京オリンピックの後である。言うまでもなく、敗戦により廃止された紀元節を復活させたものであり、当時は天皇制打倒の立場から反対する人達が結構いた。

天皇制打倒などというスローガンを目にしなくなって久しいが、学生運動華やかなりし頃は、そういうビラが大学構内や街頭に数多く貼られていた。同じような人達が、中国・北朝鮮は労働者の楽園だと言っていた。今や昔である。

私が結婚したのは1984年なので、もう祝日に反対する人は多くなかった。しかし、当時の職場はまだ週休1日であったため、土曜日が祝日の11日を移動日にし、12日に式を挙げたのであった。職場が大阪で、式は東京だったのである。

それから40年経ち、今年は結婚40周年である。25周年の銀婚式と50周年の金婚式はみんな知っているが、40周年はほとんど知られていない。ルビー婚式だそうである。ルビコン河を渡るみたいだ。

就職については後からいろいろ考えるし、もっと他にやり様があったのではないかと思えるが、奥さんと知り合ったのは最初の職場である。同じ職場でなければ出会うこともなかっただろうから、これも縁なのだろう。

その後2度職場を替わり、住む場所も2度変わった。40年は長いけれども、過ぎてしまえばあっという間である。ともかくも、家族そろって健康で、さしあたり困ることもなく暮らしているのはありがたいことである。

昔、中国の誰かが言っていたことには、住む場所があって、今日明日食べるものがあって、家族そろって健康であれば、それ以上を求めるのは贅沢である。最初に読んだときは、それだけじゃないだろうと思ったが、さすが中国四千年の歴史で、そのとおりである。

若い頃は、未来はもっとすばらしくなると思っていたけれど、少なくとも株価は変わらない。誰もがうらやむ境遇なんてものはなくて、ストレスをできるだけ少なくするのが手に届く幸せである。差し迫って困ることがなければ、それ以上求めることはない。

結婚記念日にはここ数年、ワインを開ける習慣である。記念日にはプレゼント交換とかは商売をしたい人達がいうことで、お祝いするのは「モノ」よりも「経験」であり「イベント」が適している。

ボルドーは7~8年熟成させた方がおいしいので(たまに酸化させてしまうが)、新酒の時に買ってエノテカに保管してある。あと10年分くらい在庫があるので、金婚式まで大丈夫そうだ。

[Feb 12, 2024]

今年で結婚四十年になりました。結婚式の翌日も、三十周年も大雪でしたが、今年はそんなに降らなくてよかったです。


次の記事



次の記事



ページ先頭に戻る    日記161-170 ←    せいうち目次