老後準備編 後期高齢者まであと10年を切り、いまから準備しておこうと思っています。


おカネでは解決できないことがしたいのは、いいことだ     
     

おカネでは解決できないことがしたいのは、いいことだ

年が改まると今年の抱負をいろいろ考える。しばらく前は、今年こそラスベガスに行きたい、せめてマカオに行きたいというのが年頭の抱負だったが、今年は全然違うことを目標にしている。

それは、ハーフマラソンで楽に完走したい、山野を思う存分歩きたいということである。いずれも、おカネでは解決できない問題である。

山を思う存分歩くには、登りたい山に登って日が沈まないうちに下山する必要がある。もちろん、登山口の近くに前泊するとか、一般道でなく高速道を使うといった、体力をおカネで代替する方法はあるが、基本的に歩く速さと体力の問題である。

マラソンはそれ以上で、いくらおカネを使っても体力に替えることはできない。トレーニングで体力をつけるしか方法はない。私の場合、目標は制限時間内に完走することだからハードルは低いが、年齢を考えれば無理はできない。

そんなことを考えていて、おカネで解決できないことがしたいのは、大変いいことだと気づいた。おカネで解決できる悩みや目標は、おカネを稼ぐことが解決方法になる。でも、おカネなんてなくたって、人生は楽しめるのである。

2月のハーフマラソン大会に備えて、少しずつ走る距離を伸ばす練習をしている。昨シーズンは16kmまでしか走れなかったが、今年は20kmまで伸ばした。何回か練習して、それほどバテずに走れるようになった。

大バテせずに走り続けるにはどういうペースで走るか、水分補給は何をどのタイミングで給水するか、練習はどういったコースで、どういったタイミングで行うか、体と相談しながら自分の頭で考える。いい練習ができるとうれしい。

若い頃はいろいろな意味で「見聞を広める」ことが大切だと思ったし、そういう経験を積んできた。しかし、残り時間がわずかになると、外に対して開くことも大切ながら、自分自身を深く掘り下げることも重要だと思うようになった。

[Jan 16, 2024]


残り時間がわずかになると、外に対して開くことも大切ながら、内に向けて深く掘り下げることも重要だと思うようになった。

次の記事

次の記事

LINK

ページ先頭に戻る    老後準備編2023下半期 ←    せいうち日記総合目次